--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-12-17

『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』感想

第6弾となるMOVIE大戦。

とにかく『鎧武』のその後が気になって仕方なかったのですが、蓋を開けてみれば全パート美味しいところだらけの快作でした!


◎仮面ライダー鎧武 進撃のラストステージ

最終回では龍玄の復活までが描かれ、今度は斬月復活が軸に。予告で笑いを誘ったメカ戦極も非常によい踏み台でした。
ミッチに舞を救い出すというイベントが用意されていたのも痒いところに手が届く構成。
ブランクを一切感じさせない紘汰さんの絶許スイッチオンは流石としか!


◎仮面ライダードライブ ルパンからの挑戦状

何かと不安要素の多い新ライダーパート……という認識を覆す熱い展開!!
公開したタイミングにおけるTVのエピソードと連なるテーマを扱うことで、番外編としては非常に濃いものに。
ルパンの行動理念や強さの根拠も示されており、ラストのしつこさも併せて、劇場版限定ライダーとしては一際強い個性を見せてくれました。
仮面ライダーと戦って勝てば仮面ライダーを自称していいのか?という、ちょっと危険な問いを孕んでいた気もするのですが。


◎MOVIE大戦フルスロットル

MOVIE大戦に期待したいのは何よりも新旧ライダーの絡み。今回はこの部分が非常にサービス旺盛で血が滾りました。
さらに我等が駆紋戒斗は『デカレンジャーVSアバレンジャー』や『キョウリュウジャーVSゴーバスターズ』を思わせる美味しい役どころで登場。ラストで静かに機能を停止するシーンがたまりません。
おまけに近い形で参戦したロイミュードの面々も、短い時間のうちに魅力を発揮してくれて至れり尽くせりでした。

---

総合すると、非常に少年漫画的というか、熱さに比重を置いたMOVIE大戦だったかと。
ただ、鎧武パートでの紘汰の救出およびドライブパートでのベルトさんの修復が、どちらも気合で解決してしまったのが少々気になりました。ドラマの盛り立ては十分すぎるほどだったので、何かしらのギミックや超理論が欲しかったところ。
一方で映画限定フォームはいやらしさを感じさせない使い方で好感触でしたね。
メガへクスを見て濫りに「楽園追放だ……」ってざわつくのは良くないぞ(自戒)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むねみつ(新)

Author:むねみつ(新)
霧矢あおいホノオな生活。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。